banner

研ぎ方や使い方

包丁の研ぎ方や使い方について

ほとんどの方が毎日の食事を作る時に使用している包丁は、切れ味が悪くなってしまうとせっかくの美味しい食材の味や見た目も悪くなってしまったり、切れ味が悪いので力を入れ過ぎてしまい怪我をしてしまうような事もあります。

飲食の職人さんもそうですが、包丁はメンテナンスが必要で切れ味が落ちた場合いは、簡易的に刃先をお手入れする事ができるのが包丁研ぎ器で、初心者の方でもだれでも簡単に刃先の手入れができます。

使い方はとても簡単な方法で、包丁を専用の場所にセットして手前に引くだけで簡単に切れ味が回復できます。
職人さんなどが行う昔からある砥石での研ぐ作業もありますが、簡単な使い方の方法をして今ではデパートやインターネットでも気軽に購入ができて、簡単にメンテナンスができます。

このような簡単に出来る商品には一時的に切れ味が回復しますが、本格的に包丁を研ぐにには砥石が必要になってきます。

砥石を使った包丁研ぎの使い方は、砥石を使用する前に水につけ気泡が出なくなるまで水を含ませておく事から始まります。
しっかりと包丁を握り、親指で上から押さえつけるようにしてぐらつかない様にし、刃を手前に向け刃先から研いでいき向きは45度程度にします。

数回研いでみたら、指で触りながら刃先にひっかかりなどがあれば刃返りがある証拠ですので、研ぐ事を終了させます。
刃先を研ぎ終えたら刃の真ん中を研いでいき、数回研いだら同時に指で触っては返りを確認していきます。

最後にあごと呼ばれる上の部分を研いでいき、刃先とは若干角度を変えあごの部分はあまり鋭利にはせず、鈍角に研いでいきます。

次に刃先を上にし裏面を研ぎ裏面は刃返りとる程度にしていきますが、研ぐ割合は表が7で裏が3程度が最適です。
刃全体が滑らかになるように指で触って、刃返りがなくなるまで研いでいき、仕上げは刃の先端のみがあたるよう角度を持ち上げ気味にし、数回研いでいきますがこうする事で丈夫な刃先に仕上がります。

包丁の切れ味を常に保つことは、料理が上手くなるための条件とも言われるほど包丁の切れ味はとても大切な事で、切れ味が悪くなってきたと感じたら研ぐ習慣を付けるようにする事によって、食材も美味しく料理に使う事ができます。

包丁を研ぐには、砥石以外に研ぎ器などで簡単に研ぐ事ができますが、頻繁に研いでいかないと刃先が丸くなりすぎてしまう事もありますので、出来れば砥石を使用する事で切れ味がよくなります。

Copyright(c) 2014 堺の包丁、その切れ味と種類をお伝えしますAll Rights Reserved.