banner

研ぎ方方法の数々

堺の和包丁の研ぎ方の数々の方法について

一流の包丁として有名なものには、堺の和包丁というものが用意されています。同じ地域で古くから伝承されている技術を用いて製造されていることが一般的になり、全国各地の料理人の中にも愛用者が多いことも特徴とされています。そんな中、堺の包丁には他にも特徴を持っています。

その内容としては、非常に優れていて、快適に利用することのできる切れ味を持っていて、利用方法は対象物に対して軽く押さえて引きながらカットを行うことで、抜群の切れ味を発揮することができます。その反面、叩き切りなどをしてしまった場合では、刃の部分が傷みやすいことがあるために、使用方法については事前に十分に把握しておくことも大切になります。また、どのような使用方法をしていても、いずれは包丁を研ぐことが必要になる場面があります。

毎日使用している方の場合では、徐々に切れ味が鈍ることになるために、人によっては気付かないケースもありますが、プロの料理人の場合では、比較的早期に体感することができ、同時に定期的にメンテナンスを施していることも珍しいことではありません。
堺の和包丁の場合では、鋼で製作されていることが一般的になり、包丁の研ぎ方としては複数の方法が用意されています。例えば砥石を利用する方の場合では、常に一定の角度を保って研ぐことが必要とされていて、その角度については諸説ありますが、約50度程度が良いとされているケースもあります。
角度については基本的には人によって異なる部分になるために、一定の技術を身に付けるまで、何度も経験することもおすすめになります。

また、家庭用の包丁研ぎ機というものも用意されています。このタイプの場合では、予め角度調整のガイドが設置されていることが多く、研ぎ方は刃を引いて使用するものが多い傾向にありますが、取扱説明書に記載されている内容を見て利用することが何よりです。

他には電動のマシーンなども存在していて、自動的に回転する砥石に刃を当てることによって、簡単に研ぐことが可能になります。珍しいアイテムとしては、棒状のものが用意されています。棒の部分が砥石の役割りを持っているもので、刃先を当てて滑らせるように使用することが一般的になります。

包丁を研ぐ場合では一定の技術というものが必要になるために、所有者が自ら行った場合では、中には余計に悪化してしまうこともあります。そのため、不安に感じる方の場合では、包丁を取り扱う専門店などに依頼することによって、細かい欠けなどが発生している場合でも対応してもらうことができます。

Copyright(c) 2014 堺の包丁、その切れ味と種類をお伝えしますAll Rights Reserved.