banner

プロ用の包丁

プロ用の包丁の選び方とは

包丁にはさまざまな種類があります。適材適所なのでその選び方をご説明しましょう。家庭で使うのであれば万能包丁とも呼ばれる三徳というものが一本あればたいていのことは出来るでしょう。三徳の特徴は野菜から、肉、魚まで一通り切ることができて、値段も安いです。

初心者にも扱いやすいのでおすすめです。一方、プロは色々な包丁を使い分けます。牛刀と呼ばれるものを使っている方は多いです。
これは三徳に比べると先端が尖っており、刃渡りも長くなっています。刃渡りが長いのでキャベツやレタス、スイカのような大きな物を切る時は大変便利です。また、大きな魚や肉ブロックを扱う方にとっても適しています。

長さはいろいろあり、18cm程度の扱いやすい長さから、大きな物ですと30cmのものなどもあります。お店などで一度にたくさん調理したい方で使い方に慣れている方は大きな物の方が早く仕事が進むので良いという方もいるでしょう。そこまで大量に調理することが無ければ24cmくらいのものでも十分に使えます。

次に出刃包丁を紹介します。これは魚を捌くのに適しています。適切に研がれた出刃包丁を使って魚を捌くのは、魚を扱う方にとって基本中の基本と言えるでしょう。刃渡りの長さは10cmから50cmくらいのものまで幅広くあります。
大きな魚を扱う場合は大きなサイズを選ばれると良いでしょう。マグロはとても大きな魚ですが、専用のマグロ包丁があり、まるで日本刀のような見た目をしています。出刃の選び方は一般的には20cm程度で満足のいく調理ができるでしょう。

次に刺身包丁を紹介します。これは刺身を切る機会がある方の必携アイテムと言ってもよいでしょう。切れ味により刺身の味は変わります。どんなに新鮮な魚でも、切れ味が悪いと美味しくなくなってしまいます。

薄く切ることでおなじみのふぐ刺しでは、特に薄い刃のふぐ引きという専用の包丁もあるほどです。中華のプロは中華包丁という特徴的なものを使っています。
刃が四角になっており、幅が広いのが特徴です。驚くべきことに中華の料理人はほとんどの食材をこの中華包丁を使って捌きます。極めたい料理のジャンルによって選び方は変わってきます。

そして、見落としがちなのは柄です。持ちやすく、手にフィットするものを選ぶには実際に持って試してみるのが一番です。手入れすれば長く愛用できますし気にいったものが見つかれば一生ものになるのではないでしょうか。

Copyright(c) 2014 堺の包丁、その切れ味と種類をお伝えしますAll Rights Reserved.